騒がれていた時にはちらっと立ち読みで済ませていたのだが、同居人が誰かから借りてきたので、きちんと読了
(なんでワザワザこんな本を借りてくるのか、何かムカツク
久しぶりに読んだのだが、彼女の本は相変わらず面白い
「少子」とか「枕草子REMIX」とか、読みたい気はあるのだが、たまたま本屋で思い出すことはなく、なんとなーく通り過ぎてしまい、現在に至る

彼女の作品は、女子大生の体験就職活動エッセイを読んだのが最初だったはずだが、それこそ10年ぶり位になるだろうか(もしかしたら、もっとかもしれない)
その知人に本を返したいものの、連絡が取れないまま現在に至る
「おかげさま」とか「食欲の奴隷」とか「女の旅自慢」とかがまだウチにあったりするので、I井さん、返す気満々なので、これ見てたらゼヒ連絡を!!!