グインも快調に104巻目である
久しぶりに意外な人物が登場〜!
グイン好きにとっては、嬉しいような悲しいような微妙な進行が相変わらず続いているが、周囲のメンバーはころころと巻替わりで交代している
前巻からはスカールに変わって、マリウスが登場しているのだが……
が、しかし、マリウスよよよ。。。_| ̄|○|||
余談である
百巻に達したあたりで出ていた話題ではあるが、どうやらギネスブックに世界一長い小説という認定を断られたらしい
作者も気にしていないようなので、まあいいけど

別にギネスブックが偉いと思ったことはないが、異国の言葉だと認定しないなんていうセコイ基準があるらしいので、なおビックリ
お遊びはお遊びらしく、妙なところでしゃちほこばらずに、真面目な記録もお馬鹿な記録も玉石混淆で一緒くたにして、せっせと収集して欲しいものである
権威があると勘違いしているんなら、思いっきり興ざめしてしまうがな>ギネスブック