3
死ぬほどくだらない本だが、疲れた頭にはちょうど良かったようだ
くだらないことは分かっていたのだが、某所で大好きになったイラストレーターがカットを書いていて、この超ナンセンス(←死語?)な本をより一層引き立てていたので、そこが一番の購入ポイントだった

背広姿のくせにハート型アフロ頭のキャラ・・・ご存じの方はこの形容詞で「ああ」と思ったはずである
あと、ヨン様が舞台挨拶で得意のキムチ・チョップを披露する姿なんていうのもあったのだが、似すぎていて、妙にツボにはまった(笑)