4
だいぶ前に買ったのだがUPし忘れ(^_^;
「ダーリンは外国人」の小栗左多里とそのご母堂のレシピ集である
「勝負ごはん」と聞くと、どちらかといえば「ハレの日ごはん」とか「来客用」とか「お祝い用」というイメージがあったのだが、この場合のそれには、そこまでのインパクトはないとのこと
巻頭の漫画によると、なんとなく「どーよ!」とか「えっへん(←死語)」とかいうレベルのご飯を意味しているらしい(たぶん)
従って、ハレの日でもケの日でもどちらでもOKな、非常に実用的で応用範囲の広いレシピが満載であった
今回もかなり参考にしたいメニューが登場
すぐ試してみる気になれる簡単系も多かった
巻末にはトニー'Sご母堂のレシピもあり、ちょびっとインターナショナルな気分も味わえたりする