5
時代は平安。テーマは鬼と女とエロス
どうりで妙にエロいと思った(^_^;
貘さんの書く「陰陽師」時代の世界で、鬼が出てくるとあれば、これはもう面白いに決まっているのである
天野さんのイラストは全てカラーで、話の合間にふんだんに差し挟まれている
黒赤焦げ茶をベースに、白い人肌や黒い鬼や様々な妖しが浮かび上がるような、妖艶なイラストの数々である
赤色の効かせ方と肌の白さのコントラストがまた良かった
妖しを描かせたら、天野さんはやっぱり凄い
巻末の貘さんのあとがきを読んだところ、貘さんと天野さんで「Hな譚が書きたいねぇ」と相談して決まった企画だったらしい
小野篁も凄すぎ
まさになるほど、であった