4
やっと読了(^_^;
久し振りのせいかもしれないが、まあまあ面白かったし楽しめた
結局、途中で続きが読みたくなり、重いのを無理して通勤電車内で読みふけり、終点まで行ってしまったし(-_-)
犯人はかなり早くから判っていたが、ああいう展開に落ち着くとは、正直、あーうーであった

以下つぶやき程度のネタバレあり
京極堂登場の無理矢理感はさておき、最後に郷島がいなくて、榎木津がいるのは、殺人事件的にはかなり苦しい展開な気がしたのだが、如何なものだろうか?

にしても、年表を見ていて、じりじりと再読したい気分になってきてしまったのだが、よーく考えると、実は今までずっと借りて読んでいたので、1冊も持ってなかったりする、うーん文庫買うか・・・