4
読んだのは先週?
UPし忘れたままだった(^_^;
加納さんは「魔法」を使う
今回も「魔法」は健在だった
短編連作という形式がまた魔法の効果を上げているが、それも以前の通りである
この年になって読んだせいで、色々と感じることもあった
ずっと若い学生時代に読んでいたら、また違った感想を持つかもしれないが、それでもこの作品を面白いと思う気持ちには、きっと変わりはないだろうと思う
大好きな作家である
なお「月曜日の水玉模様」の関係者もちらっとだけ出てきた
本筋には関係のない、たいしたことない部分だが、「おや?」と思ったところ、解説にも載っていて、確認出来た
どこに出てきたのかは、読んでからのお楽しみである