会社帰りに日本橋三越へ。うらうらデパ地下を見て回りつつ、久しぶりに「イル・ギオットーネ・クチネリーア」に入った。
ぶっちゃけ、夜の三越新館地下はいつもどこもが空いている。天下の日本橋三越とはいえ所詮イートインということで、気軽とはいえないお値段が多いので、敬遠されるのはいた仕方ないところだろう。おまけに値段の割りにサービスはイートイン並みなので、なおさらかと。

イル・ギオットーネ・クチネリーアもそこそこのお値段でそこそこのレベルのお店ということになっているようだが、単品で千円後半もするサラダについて「(野菜)サラダの中身はなんですか?」と聞いた時の受け答えが「野菜のサラダです」では少々ヤバかろう。その後、次の言葉を辛抱強く待っていたら、やっと「温野菜とか前菜とか色々入ってます」という、やはり答えになっていない回答が帰ってきたのだが、まあサービス君は見習いっぽく、サービス全般に硬かったものの、最後まで親切丁寧だったし、熱意はあるようだったので、経験の無さと知識の無さは要精進というところか。(と、偉そうに言ってみる)

イル・ギオットーネ・アンティパストで「野菜サラダ」の中身がこちら。
トマトにモッツァレラに水なすなど。奥のカポナータも美味。右のかぼちゃバニラ煮も面白く、色々楽しめて値段に見合った一皿だったかと。なお、今回はアラカルトで注文したので、これは一皿の半分である。最初に「半分に分けてお出ししましょうか?」と聞いてくれたので、有り難く。

イル・ギオットーネ・プリモ・ピアット(冷パスタ)トマトと活アジのマリネの冷製パスタ。これも半分である。器が冷えているのは良いのだが、フォークとスプーンまで激冷え状態でやってきて、冷たくて持てないというか、霜が溶けて濡れまくっていて、そのまま持つのが嫌だったので、ちと過剰かと。味の方はアジとトマトと紫蘇の組み合わせが絶妙でうま〜。

イル・ギオットーネ・プリモ・ピアット(温パスタ)穴子ときゅうりの温パスタ。これも半分。穴子うまー!
非常にさっぱりと上品な和風系のお味で、紫蘇のアクセントも効いていた。オリーブオイルをちょっとかけてみると、あら不思議、いつの間にやらイタリアーンな味に(笑)。

イル・ギオットーネ・セコンド・ピアット主菜はここの名物(いつもあるから多分)、鳥のロースト、九条葱ときのこの温玉添え。温玉も上手く半分にしてくれて、どうも有難うございますという感じに。以前、これをひとりで食べた時には「量多すぎ」と思ったが、まさに半分が適量だと実感。

いつものように来たものをせっせと消化しつつ「次!次!」という食べ方をするのが、我が家の伝統的な食べ方(笑)なのだが、支払い時に「閉店時間にお気を使って頂いて…」と感謝され、一瞬返答に困った。
結局、かなり高めのパスタを頼んだ割りに、これで一人約3500円ほど。ゆっくり出来ない分を差し引けば、まあまあか。
三井ビルの某オチアイよりコスパは良いと思うので、丸の内店の方にもそのうち行ってみようかと思っている。
なお、2000円以下のコースもあるので、そちらもオススメ。