4
地震イツモノート―阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアルという副題がついていた。
元々は寄藤さん目当てで借りた本だったが、内容はまさに副題の通り。被災者の生の声が沢山詰まっている内容だった。防災対策は結構しているつもりだし、その手の本は結構読んでいるつもりだったが、それでも想像の範囲外と思われる内容がまだまだあって、既成のマニュアルだけじゃカバーできない生の声っていうのも、まだまだあるもんなんだよなーと思ったりもした。
防災には関係ないものの、阪神淡路大震災当時、多くの人が、満月がやけに綺麗に見えたと語っていたらしいことが、かえって当時の生々しさをダイレクトに伝えてくれているような、そんな気がした。