4
ガリレオの苦悩2冊同時発売とは剛毅な〜と思っていたら、会社の後輩が「勢いで買っちゃいました」と言って2冊とも貸してくれた。さっそく短編の方からさくっと読了。やっぱり短編は面白いなぁと。
TVや映画はまったく見ていないものの、福山@湯川の露出度が凄いせいか、脳内湯川は既に福山バージョンに(^^;;)。
今既に長編の方も半分程度まで読み進んでいるが、短編集の1章読了後に長編を読むのが時系列的には正解らしい。一番気に入ったのは「操縦る」で、内容も好みだし、伏線もラストもかなり良い案配だった。あと、この作品が一番タイトル通りの作品だった気もする。
粘着体質の「薫刑事」が結構良い味を出していたように思うので、彼女の今後の活躍にも期待したい。彼女が柴崎コウかと言われると、ドラマは見ていないので、なんともはや。ということで、ドラマも見てみようかとDISCASをポチッってしまった。