聖女の救済ガリレオ長編の方も読了。
話のすじとしては、嫌いな話ではなかったので、全体としてはまあまあかなーと。でも薫があまりにもねちこ過ぎて、ううむ。。。
短編ならちょっと鼻につくレベルで済むのに、長編になるとその辺が長引く分、増幅されてどーにもこーにも厳しかった。やっぱりガリレオは短編の方が好みだなーと思った。
以下、ネタバレ注意報発令
ラストのオチはさておき、毒殺と判った段階で、台所のネタ類諸々を一切合財最初に確保しておかなかったというのは、警察というか鑑識として、そんなんナシだろうよ、と思った。勿論、その他の水周り確認も同様だろうと思ったのだが、そういう風には進まないものなのだろうか?
井戸に毒盛りとか、かつて田舎で起こった凄惨な毒殺事件の時はどうだったんだろう、なんて思ったりもした。
読了後にタイトルの意味がよーく判った。殺人者に哀れみというか好意のようなものを抱いたのは私だけではないはずだと思うのだが、だからこそ薫がムカツいたとも言えるかも知れない。
草薙、負けるなー、ふぁいとー!