5
正直書評。図書館内乱の後に読んだせいか、書評ネタかぶり。まあそれはさておき、社長の度胸ッぷりというか女っぷりが炸裂していて、読後の爽快感がたまらない(笑)
大森さんとの共著であった、「文学賞メッタ斬り!」「ライトノベル☆めった斬り!」より、更に一層パワーが増したんじゃなかろうか。
書評で笑ったのなんて、すんごい久しぶりな気も。
既読の本には頷いたり笑ったり比較したり、
未読の金の斧はへーほーとメモしてみたり。
既読の鉄の斧がなくてホッとしたような残念なような。
一番読みたかった袋とじ部分をペーパーナイフで開る時のどきどきさ加減といったら、もう開ける手が震えて震えてwww
こんなに書評で楽しめるとは思わなかった。
トヨザキ社長の更なるご活躍を祈るばかりである。