5
別冊図書館戦争 1 (1)まずは電車で立ったまま読み始めてしまい、その場で激しく後悔をば。。。
のっけっからベタ甘全開飛ばし過ぎだろう!
たった数ページでもうにやけちゃってにやけちゃって単なる変な人になってしまった自分に速攻気付き(それも立ったまま)、即座に読書を中断するハメになったのは言うまでもない。ってかよくみたら表紙からハートだよ…。
多少冷静になって席に座ってから続きを読み始めたのだが、それでもやっぱりヤバい箇所は多かった。吹き出しそうになる笑い箇所も含め、あまりにも多い地雷の数々。大人として、公共の場所での体面を考えるなら、自宅で読むことを強くお勧めするが、おそらく殆どの読者が、柴崎と同じく「誰かお酒!強いお酒をあたしにちょうだいー!」と叫び出したくなるに違いない。
あと同じ場面で柴崎が「この恥ずかしいカップルめ!」と叫ぶ場面があるが、やはりここは「この恥ずかしい馬鹿ップルめ!」に修正すべきであろうと(響きも良いし)真剣に思ったりもした(笑)