4
別冊図書館戦争 2 (2)スピンオフ第2弾である。
噂では「後味悪い」とか「そこまでせんでも…」という意見が多かったので、最初から覚悟して読んだせいか、「そこまで」の程度が思ったより軽く(じゃあどこまでという突っ込みはナシの方向で)、打撃は軽めで終了。にしても水島@超ウザイがあまりにも予想通りの行動を取ったので、判った時には内心「よっしゃーっ!!!」と、本筋とは違う部分で盛り上がったりもした。個人的に「目には目と歯を」ということで、思いっきり報復して欲しかったのだが、現実的にはそうは行かないのもお約束通り。
とはいえ、最後にシアワセな描写を望んだ有川さんの旦那様には、まったくもって拍手喝采感謝感謝なのであった。