葛野盛衰記 森谷さんの新作です。図書館待ちしていたので、順番が回ってくるのに少々時間がかかりましたが、待ったかいはあったようでした。
 なんとも切ない物語といえば良いでしょうか。飛鳥から平安末期にかけての都の闇とその中でうごめく人々とか、そういったあたりのネタが大好きなので、かなり楽しめました。
 鎌倉に入った後の話も読みたかったので、続きがあるといいなぁと思います。