ものぐさ日記

読書・映画・旅行・食物・習い事などに関するあれこれを、ものぐさに更新  

games

ラストウィンドウ 真夜中の約束 ウィッシュルームの続編が出ましたよー! 相変わらず格好良いです>主人公@カイル。レイチェルも素敵。
 ということで、レイトンがあるけれども買ってしまいました。ほほ。いま2日目まで来ましたが、なかなか良い感じです。今回もクリスマスあたりの出来事のようです。
 今回は筋が進むにつれて、その粗筋が小説になるという趣向がありまして、その部分もなかなか面白い感じです。あと「質問をもう一度繰り返し聞ける」というボタンが付いたので、ながらで聞き流してしまったような時(実はしょっちゅうだったり)でも安心です(笑)
 ゲームについていた解説本が袋とじになっていて、進めなくなったら開けましょうとあるので、とりあえず進めなくなるまで開けないつもりです。さてどうなりますやら。

レイトン教授と魔神の笛(特典無し) やり始めましたー!
 今回の話はルークと初めて会った時、ようするに過去のお話なんですね。ただいま暗いモードのルークという新鮮な姿を見ながら、謎解きに挑んでおります。

4
ゼルダの伝説 大地の汽笛 特典 羽根ペン型オリジナル透明タッチペン(ルピー型特製ケース付属)付き 猫目リンクのゼルダです。羽根ペン付きと知らずに買いました。緑ルピーのケース入り。羽根ペンは透明で結構綺麗です。家人が買ったので身銭は切っていません。際には年末に買ったんですが、一応載せておこうかなーと。
 今回は前回以上にタッチペンを使わないと行けないようですし新しい仕掛けもいっぱいあるようですが、いつもの楽しさも、変わらずあるようで、始めたばかりながら、楽しい感じですね。なお、セーブは2個まででした。でもDSってやらない家族は楽しめないのがちょっと残念ですね。いままでやらなくても家人のやっている画面をみているだけでも結構楽しめていたのに、それがなくなってしまったのがちと残念なので、★マイナス1。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレンのコンプリート版です。
 クラウド@命といたしましては、やはり買っちゃいました。これを見るために、PS3ではなくHDD&BDレコーダーを買いまして、速攻で鑑賞しようとしたのですが、我が家のTVはブラウン管23インチなので、メニューの文字が小さすぎて読めませんでした。
 増えていた画像がどこだったのかはよく判りませんでしたが、まあまあ綺麗な画像だったかと思います。
 にしても、文字の小ささ・・・もしかしたらTVサイズのせいじゃなくて、老眼だったり。。。_| ̄|○|||

4
レイトン教授と悪魔の箱 フレンドリー版 レイトン教授シリーズの2作目ですね。順序的には3→1→2とやったので、これで全てをコンプリートしました。ああすっきり(笑)。
 やった順という訳でもないのですが、面白さ的にも「3>1>2」でした。
 1のストーリーも最後は結構「おおお」と思ったものでしたし、何故謎解きなのかという根拠もあったりして、とても良かったと思いましたが、やはり3のストーリーの良さには敵わなかったかなーと思います。2は、謎はさておき、ストーリー(特にラスト)がダメダメだったのが残念でした。最後でがっかりという感じで。
 携帯モバゲーで無料で遊べる「レイトン教授と死鏡の館」も終わってしまったので、当面は次回の新作を待つ体制に入りました。今まで全部借りていたので、次回は買おうかなと思っています。

5
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレンのコンプリート版です。
 正確に言うと、これはFFのゲームではなくて映画なんですけれど。クラウド@命といたしましては、ぜひとも見ておきたいところなんですけどねぇ…。とはいえ、見るためにはまずPS3本体を買わなきゃいけなかったりします。いまPS2も壊れちゃってるんで、出来ればPS2との互換性があるPS3が欲しかったのに、もう中古しか出ていないし、ヘタするとPS2とPS3の新品を2台買う方が安かったりするんですよねぇ・・・。悩ましい限りです。

レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版会社の同僚J嬢がレイトン先生の第一作目を持っていたので、めでたく拝借しました〜。
こちらがシリーズ最初の作品ということで、主役の声の大泉さんと掘北さんも少々慣れていない感じがするものの、快調に進んでいます。
 唯一の難点は、確定申告前であまり没頭してやれない、というところかと。いま持ってくるとは、鬼だよ>Jちゃん。。。(^-^;)

5
レイトン教授と最後の時間旅行(特典無し)久しぶりのゲームネタ。
思えば、昨年末、北京で親指を脱臼して以来かなーと。
随分とCMをやっていたようで(だって私が知っている位だし)、会社の後輩から借用。こういう謎解き物が実は結構好きだったりする。絵も綺麗だし作りもなかなか丁寧である。
という訳で早速、第一章だけ遊んでみたが、こりゃかなり面白ーい!
お正月中のコタツ遊びは多分これで決まりかと(安)。

4
重っ! そして、高っ!
でもついつい買ってしまったというFF7好きの悲しき性よよよ。。。
おまけにハードカバーなので無理なく自立
つい買ってしまったものの、コンプリするには以前のアルティマニアで充分だろう。
というワケでアルティマニアと内容がかなり重複しているが、こちらはファミ通本なので、その辺は仕方ないのか…。場面のセリフや絵コンテがある分、こちらに+αがある気もするが、とにかく重くて字も細かい(詰め込み過ぎ)ので、攻略本として側に置くのは厳しいかも。
読むのにはある意味気力が必要である。
ちなみに手をケガしている人向きの本ではない(^^;;)

とりあえず本日到着。
年末になって阿呆なことにも右手親指を脱臼したので、この正月は手でやるゲームがまったく出来ない。ということで、急遽購入に踏み切った。
昨晩(というか真夜中)密林で「お急ぎ便注文」をしたら、今夜、本当に到着した。
ちょっとだけ有料だが、にしても、なかなかやるじゃん>密林。
まだ正月準備中なので箱を開封してもいないのだが、正月になったら即実行する予定。感想は後ほど!

FF20周年記念本。
それに先だってファミ通でFFファン投票みたいのをやっていて、目出度く大好きなFF7が堂々ぶっちぎりの1位だった。ばんざーい!
次に好きなFF9も検討していた。やっぱり最終的には良い物が一番人気になるんじゃんと思ってかなり嬉しかった。
勿論キャラ1位はクラウド!(根暗キャラなので実はちょっと意外だったけど)
なんて色々思い出しつつ読んだのだった。

本日到着。
せっかくお正月にやろうと思っていたのに、右手親指を怪我したのでしばし封印の予定…。
グランドピアノBOXってどんなんだろうと思っていたが、実物を見てから買えば良かったと少々後悔(-_-)。
で、肝心のゲームの方だが、取説によると指揮とピアノ以外に、バヨリン、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、ティンパニーと8種類の演奏が楽しめるらしい。勿論オケもある。
今回は指揮の松田さんやバヨリンの高橋君もいる模様。勿論オコウチも健在(笑)。
何はともあれ千秋様・・・じゃなくて、やっぱりクラリネットとティンパニーをやってみたい!
しばしの我慢なのであった・・・

5
確かにFFのポーションは飲み物かもしれないが、アマゾンの商品分類「ヘルス・ビューティ」って一体…(^_^;
とはいえ、ポーション欲しさに買ったワケでは断じてなく、同梱されていたFF7の10周年豪華特典本目当てで購入したのであった
FFファンの間で噂通り、ごーじゃすな内容だったので一応満足したが、正直、ポーションの方が余計であろう
にしても、以前のポーションが微妙に不味かったので、どうしても飲む気になれず…(-_-)
続きを読む

今まで気になるタイトルが全然でなかったので、買っていなかったPSPだが、新しくスリム&ライトになったことと、大好きなFF7シリーズが出たと言うことで、買ってみた!
ヨドバシで売っていなかったら諦めようと思っていたのに、しっかり売り切れずに残っていたので、本日何故か購入完了〜
今月は赤字なので来月にしようと思っていたのに…意思弱っ(^_^;
ということで、早速、FF7CCをやってみた続きを読む

帰宅したらポストに到着していた
ってか、これもすっかり忘れていた(^_^;
密林の予約注文は本当にすっかり忘れた頃にやって来るので、ある意味怖ろしい
(銀行残高が…)
まだDSゼルダが途中だったりする
や、頑張ってやるともさ!(家人が)
Wiiアイコン使ってバッサバッサと切る仕様らしいが、あのおとぼけスライム達をばっさり切って、それですっきりするのかどうかは、苦しめられ方に比例するんだろうなぁ、きっと
また筋肉痛になるのかな…(^_^;

5
予約したことなどすっかり忘れていたのだが、ゼルダのDS版がアマゾンから到着
通常のゼルダはアクションが難しいので私個人はまったくやらないのだが、我が家では家人がゼルダおたくなので、おきまりの設定やどんな物が定番かなどは下手な人より知っていたりする
という訳で家人の誕生日プレゼントに内緒で買ってあげたつもりだったのだが、どうやら家人はDSゲームはやりたくないらしい…(-_-)
勿体無いのと見た感じやや簡単そうだったのとで、とりあえず自力でチャレンジしてみることにした
ちょっとやった感じでは、かなり楽しい(^-^)
続きを読む

会社休んで何やっているのか…と言われると、返す言葉がないのだが、旅行から帰ったらちょうど届いたので…(苦しい言い訳)
夜になってムカツキがなくなり、胃と腸の痛み以外の体調が復活してきた頃から、ちょっとだけ開始した
胃の痛みを忘れるにはちょうど良い気晴らしなのだった(←これは本当)
のだめも終わったのでボチボチやる予定〜
なので、ひとこと感想
セーブポイント多いなー(←一応褒め言葉)
タッチペン使うのうざー(-_-)

5
のだめカンタービレ公式攻略ガイド

昨日のだめのDSゲームを目出度くクリアしたのに、何故か指揮者が全員揃わなかった。。。
何故だろうと悩みつつ、2週目に突入!
とりあえず、本はみないままに、2週目もクリアしたら、やっと指揮者が全員揃った♪
終了!ということで、指揮者コンプリート記念画像なり
たまたま今日、本屋で攻略本を発見してしまったため、攻略本も一応購入してしまった
攻略本によると、2週目をクリアしないと指揮者は全員揃わないらしい
ミニゲームをクリアしないと全ての画像が揃わないので、それが完了するまで、あとちょっとというところか・・・
ゲームクリアには本書はまったく必要ないが、コンプリートのためには、やはり本書が必要かと
続きを読む

5
のだめの鍵盤ポーチ付きをゲト
最初は訳判らんままに真澄ちゃんの「太鼓の達人」からスタート
まさに太鼓の達人まんまのゲームであった
大河内君が強引に優しく参加してくるのがいかにもで笑える
リズム感があって、知っている曲なら、とりあえずはすぐに出来るようになるタイプのゲームだとは思うが、リズムだけじゃなくて、移動する点を確実に追えるかどうかもポイントになってくるので、姿勢を正して手を自由にしておかないと出来ないと思われる
最初、4曲目位まで、ずーーーーーーーーっと大河内君が無理矢理登場しては彼の恍惚とした指揮ばかり見させられて『ふざんけんな千秋はどこいった(怒)』と思っていたら、やっとボレロで千秋登場!
当たり前ながら、千秋の方がゲームレベル高し
元吹奏楽部出身者の意地をかけて、千秋に『なかなかいけるじゃないか』と言わせたので、とりあえずは満足である(笑)
指揮者欄にまだまだ空白があったので、今後はミルヒーとかヴィエラとかも出て来るのかもしれない
ところが、ガンガン進んで『楽勝〜♪』と思っていたら・・・続きを読む

4
DSミステリゲームの攻略本である(^^;;)
CMを見た人も多いかも知れない
ゲーム自体はそこそこ面白く、ゆっくり謎解きを楽しみながらクリアできるし、ソフトやストーリーの不具合で途中で進めなくなるようなこともないまま、一応無事に(なんどかゲームオーバーになりながらも)自力でエンディングを迎えられた
DSならではの操作も多く、結構頭を使わないといけない場面もあって、DS初心者には楽しいゲームだった
ゲーム時間は1週間程度(正味10〜15時間程度)で終えられるものかなーと思う
主人公や他の登場人物の顔もかなり好みで、優しいペンタッチで描かれたセピアな絵の感じが、このゲームの雰囲気によくあっていた

会社の後輩男子に貸したところ、彼も結構ハマって楽しかったらしい
某所情報で、2周目をクリアすると最後に「真のエンディング」が見られると聞きつけたのだが、それを見るためには、いくつかのコンプリート条件があるらしい
ということで、今度は攻略本片手に、真のエンディングを目指して頑張ろうかと思っている

4
あーあ買っちゃった(^^;;)
やってはみたものの、大人モードも簡単すぎた
やはり子供向きかと。。。
最近、全然N○VA(←伏せ字意味無し)ウォッチしていないので、状況が判らないが、ウサギ人気はどうなっているのだろうか?
にしても、久し振りに「いっぱいきけてっ♪」を聴いて、ちょっと和んだ(笑)

どこかの訴訟に負けていた模様だが>N○VA
訴訟地獄になったらどうするのやらやら・・・


4
Wiiが我が家にやってきたせいで、我が家のTVが再びゼルダ一色になってしまう日が来た
ということで、自分用にDSソフトを買ってみた−というのは勿論単なるイイワケで、ようは欲しかったから買っただけなのだが、やっぱり面白〜い!
推理物は久し振りで、たぶんPSの金田一少年の事件簿以来かと
その前に確か2作品位、何か推理物をやっていたはずなのだが、作品名失念・・・
実は結構好きなのである>ミステリゲーム
CMを見て以来ずっと「どんなゲームなんだろう」と気になっていた
始めて見ると、ちょっとレトロな雰囲気で、非常に好みのゲームっぽい
(なにしろ主役がめっちゃ好みなのだった)
ある意味、昔懐かし「オホーツク海殺人事件」を彷彿とさせてくれるような、そんな感じかも(古っ!)
人から話を聞いている途中でも自由に突っ込むことが出来るのだが、途中で話を遮ると不愉快になったり怒ったりする人もいて、ヘタするとそこでゲームオーバーになったりもする(^^;;)
聞き込みに微妙な注意が必要で、同じ人間から話を聞く順番も考えながらやった方が情報が多く出てきたりするので、その辺の微妙なさじ加減がある意味嬉しい
既に一度怒らせてホテルを追い出されたりもした(=ゲームオーバー)が、無事に第3章に突入中(10章位まであるらしいし、2週目もあるらしい)
当面裏情報などはみないで、ありのまま突き進む予定
で、肝心の確定申告作業の方はどうした、というツッコミが聞こえて来そうだが、追求はなしの方向でヨロシコ〜(←現実逃避ともいう)

5f2ef0d7.jpg我が家にもとうとうWiiがやって来た
今日は珍しく午前中から買い物に出かけ、ついでにツ○ヤに寄ってみた
何気にゲームソフトコーナーを物色していたら、ゲームソフトに混じって、Wii本体の販売カードが!
Wiiソフトと同じ大きさで、本当にさりげなーく置いてあったので、よーく見なかったら見過ごすところだった(^^;;)
お店でその場で買えるようになったらWiiを買う、と常々言っていた家人に「約束を果たせー」と、半ば強制的ともいえる押しの一手で、家人のポケットマネーからWiiを買わせることに無事成功(^-^)v
使用権について家人がぐだぐだ文句を言うので、仕方なく「はじめてのWii」と「Wiiスポーツ」は私が買うハメに・・・
なお、計画性がなく準備が嫌いな家人は、せっかく買った「はじめての…」も面倒だと言い出して、接続が終わったと思ったら(家電製品の接続作業は常に私担当)、いきなりゼルダを開始
まあきっと終わる頃には、プロのWii使いになっているだろうが、これで当分我が家のTVはまたゼルダ受像器と化すのみであろう(-_-)
仕方がない(?)ので、自分用には別のDSソフトを購入
テイルズに手を付けていないとか、確定申告作業はどうしたいうのは、まあ置いておくとして(^^;;)、それ系のネタはまた別項にて〜

5
FF3は現在エウレカ到達
ラスダンに行く前に最終武器探しとレベル上げの旅に出るところで、ちょっと一段落
というワケで、正月用(という程休みはないのだが)に新しいソフトを購入
予想通り初っぱなからかなーりエキサイト(笑)
交通規則とか礼儀作法とか以外にも、最近の常識(PC系とか介護福祉がどーのこーのとか政治のこととか)も入っていて、結構「ほーへー」な内容が盛りだくさんで、しばらく遊べそうである

5
正月と言えば百人一首
子供の頃はよく百人一首で遊んだものだった
親戚や従兄弟が集まると結構季節を問わずやっていたが、正月には親戚が集まる確率が多かったせいか、やはり正月と言えば百人一首というイメージがあるのかもしれない
子供達だけではなく大人も「マジモードで」混じってやるので、勝つために一生懸命上の句と下の句を覚えたものだった
対戦モードで正月にひとり遊びでもしようかと(家人はどうせWiiゼルダにはまるに違いないので)買ったのだが、記憶力の衰えとともに、句を結構忘れていたのがショックだった(^_^;

忘れないように予約していたら届いてしまった>テイルズ最新作
まだFF3終わっていないのに、やばい(^_^;
とりあえず、お約束のオープニングを鑑賞してみたが、キャラが3Dになっていてびっくり
テイルズの売りは美麗アニメだったのにぃぃぃ(T-T)
じーーーっとその後も眺めてみたが、一応アニメ部分もあった(ほっ)
ちょこっとプレイしてみたが、メニュー画面の見てくれがいまいちどんくさいようだ
が、やはりテイルズはテイルズらしく、システムはそれなりに馴染みやすい感じだった
3Dキャラもかなり可愛いし、使い勝手もまあまあ
イントロがシリアスになるところも如何にもだった
キャラが出揃っていないので、恒例の会話シーンはまだ見ていないのだが、まあまあ良い感じっぽい
FF3が終わる頃には完全攻略本も出るだろうから、年末頑張ってやろうかなーと思っている

我が家は現在無線LAN環境ではないので、これを買わないと、DSでの通信が出来ないらしい
つまり、自宅でやる場合、PCを上げていないとDSの通信ゲームは出来ないということだ
むろん自宅が無線LAN環境な人は特に何も買わなくてもすんなりDS通信は可能だし、一家に数台DSがある人なら、お互い同士で通信できるので、わざわざ外の人とアクセスする必要は全然ない
しかし、いい年した大人が不特定多数の誰かと、ゲーム中の一定の条件をクリアするためだけに、とにかくメールをしなくっちゃーとなると、なんともはや面倒なのである(-_-)
DS通信−その面倒さを思うと、最初はまったくやる気なぞなかったのであるが、さすがはFF、オタク心をくすぐるのを忘れず、やる気のツボをしっかりと押さえている
通信を使わないと、美味しいものが色々手に入らないのである!
「最強装備」もそれなりに欲しいが、やはりどーしても「たまねぎ剣士」が欲しい・・・
という訳で、企業のツリに引っかかり、USBコネクタをとうとう買ってしまったので、現在「遠くのお友達」を募集中だったりする続きを読む

5
店頭で見かけたら、やっぱり買ってしまった(^_^;
DSならではのスティックも使えるようだが、取り敢えず無くても無問題である
マップは3Dだし、動画も綺麗だしポリゴンキャラも可愛い
とりあえず解説も攻略本も何も見ないで開始してみたが、DSでもまったく問題なくいけるようだ
FFお馴染みの構成なので、直感で操作できるし、どこでも中断可能なセーブ機能もついているので、さらに安心である
FF3は過去に一度もやったことがないのだが、最初の戦闘に突入し、戦闘BGMと勝利のBGMが流れた時の、あの、なんとも言えない懐かしさと嬉しさ・・・
FF12の時にはまったく感じなかった「あー今FFやってるんだなー♪」というシリーズ物の醍醐味を、久し振りにしみじみ実感出来た気がした
続きを読む

テイルズ オブ ザ テンペスト 特典 「オフィシャルファンブック」&「オリジナルロゴマーク入り フキフキ巾着」付き

今年の春頃出るはずだったDS版初のテイルズがやっと出るらしい
ということで、早速予約してみた
評価はイマイチっぽいのが多いモノの、でもやっぱりテイルズファンとしては、楽しみではある。。。
にしても、フキフキ巾着って何?(^_^;

楽しみと言えば、TODがリメイクされるので、こっちも買おうか思案中
PS2だし、フルボイスでチャット一新で、その他にも色々あるらしい
デスティニーが一番好きなので、かなり気持ちは揺れている
とはいえ、ファンタジアのフルボイスエディションもあるしなー
こちらは持っていないPSPなのと、評判がいまさんなのとでかなり微妙なのだが、大好きなクラースの井上ジョー和彦さんのフルボイスはやはり聞きたいかも・・・

4


みんなのDSゼミナール カンペキ漢字力カンペキ英単語力を購入した
時間つぶし&記憶力チェックには良い感じなのだが、単純な言葉とか単語に限って、なかなかDSが認識してくれず、正しく書けているのにも関わらずクリア出来ないで「きぃぃぃ!」となることもしばしば(^_^;
この手のお試しゲームは好きなので、まあまあの出来だとは思うが、もう少し認識力が上がってくれれば(それとも自分の悪筆のせいかもだが)もっと楽しめるのにと思ってしまう
個人的には「っ」と「i」が鬼門に感じるのだが、これが結構頻度高く出てくるので、楽しいとはいうものの、その辺がちょっとストレスかもしれない(-_-)
続きを読む

これかなりGOOD
DS Lite専用に作られたにも関わらず「DSってどこにも書いていない」というところがまた良い(^_^;
Liteと同じ色タイプが揃っているが、あえて濃紺を選んだ
シンプルイズベストで頑丈そうだ
中の緩衝部分にメッシュポケットがあり、クリーニングクロスとかソフトが入れられるのも良い感じである
じっと待ってたかいがあった(^-^)

続きを読む

4
この前、空き時間を利用して某量販店のDSコーナーへ
行って見てビックリ
いるのは大人ばかりである
(平日の昼間なんだから当たり前なのだが、大人は大人でも壮年世代がワサワサだったのである)
壮年のカップルがたどたどしい手つきで液晶保護フイルムやDSソフトを見比べている姿なんて、正直言って初めて見た(^_^;
勿論、孫用ではなさそうである
恐ろしや>DS
。。。というワケで、探していたクロスワードを発見
これなら携帯使用禁止場所でもOKだし、大人がやっていても、そうおかしくないだろう(たぶん)
予想通りで、なかなか楽しいが、何故か毎回クリアタイムをカウントされているので、なんとなーく常にあおられている気分になって頑張ってしまう自分がちょっとイヤ(←負けず嫌い)

迷いつつも結局購入>DSLite♪
OL向けに出ていたいつぞやのPDAのようなスタイリッシュなフォルムで、大人が持っていてもあまりおかしくないかも(さすがに電車内でやる勇気はないが)
心配していた小型画像の見難さもまったく無問題で、かなり良い感じである
合わせて「大人のDSトレーニング」を購入したので、早速チャレンジ
で、訳も判らず脳内年齢チェックにいきなり突入したら、最初の結果は「あなたの脳年齢は42歳です」
。。。_| ̄|○|||
家に帰ってからリセットして再挑戦!
気合いを入れただけあって、無事「22歳」をGET(←負けず嫌い)
一通りやってみると、確かに脳内の色々な場所を使ったような、頭の中がほぐれたような気分になった(←マジで)
切れかかったシナプスを再接続してくれているのかもしれない
やってみるとかなり楽しくてはまるので、世間で売れているのも頷ける
続きを読む

家人がやみくもに開始
まずオープニングをじっくりと見てみたが、まあとにかく綺麗で凄いことは間違いない(なんとなくSWそっくりという気もしなくもないが。。)
3D慣れしていないので、画面を見ていると少々酔いそうである

後は主人公の声が気にならない位ゲーム自体に熱中できればいいのだが。。。続きを読む

↑このページのトップヘ